パピ太郎とおばちゃん

パピヨン犬の太郎とロングチワワのレンとの楽しい毎日                                                            パピヨン犬タロウとロンチワ レンの生活         

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
朝10時に病院に  太郎はエコーのある診察台の上で

静かにこちらを見みています(開腹前に注射か薬が入ったのかな?)

すごく穏やかでした

先生から今から開腹して調べますが12時~1時ぐらいに終わるでしょうと

家に帰り 終わりの電話を待つ

12時過ぎた頃から ソワソワで 終了の電話があったのが1時半


開腹して調べた所 何と~ 誤飲を疑ったに 異物らしき物はなかった

しかし 3箇所ぐらい 気になる所があると

太郎の腹部内を

デジカメで撮った パソコン画像を見ながら説明してくれました

盲腸のまわりの色が 黒ぽっくなっていて 血流がいくようにしたと確か言ってたっけ

その後の画像を見たら ほんと綺麗なピンク色になっていました

綺麗な色になったらウンチが ど~と出たらしい

お腹にはガスもたまっていたとのこと

後2ヶ所は 膵臓の所と後なんだっけ 気になる所があったので

組織を取って 検査まわしです

私はお腹の中に異物があっての原因だと思っていたので

検査結果を聞いて 何がなんだか パニックた

最初はフードが気にくわず 食べ物を拒否してたんだっと思ってもいた



血液検査では 正常だったんですよ

画像に写っていた ヒモのような物は 悪い所の物が 写っていたのでしょうか

血液検査・レントゲン・エコーでも良くわからず

開腹して 異常がわかりました

ワンって どっかが痛いとか おかしい所が言えない

具合悪くっても いつもの習性なのか 

どっかへ出かけようと身支度すると 

自分も一緒に行くと ついてまわる

音がすると 大きく「ワンワン」吠えるので

こんなに悪かったのがわからなかった

術後の太郎の姿は すご~く可哀想な状態で 顔をあげて

私を見つめますが 両足がガタガタの震えが続いたまま(体が冷えてるそうです)

父ちゃんが見たら 嗚咽しそうな感じです

父ちゃん昨日から 何度も 太郎を思って 淚流すの

その分 こっちは気丈に なる

娘たちも私も 太郎が元気になると思っているので 落ち込んでいません

入院は5日程 らしいです

留守番嫌いで寂しがり屋の太郎  もう少しの我慢 だよ

レンが いつもより 元気がない感じ

太郎が帰ってこないなぁ~と 思ってるのかな



DSC08833.jpg
昨日 いったん病院から 家に帰ってきた写真です



拍手コメくださった方や心配してここにきて下さった方
ありがとうございます
私たち 元気ですよ~





2012.01.19 19:41 | 太郎 | トラックバック(-) | コメント(-) |