パピ太郎とおばちゃん

パピヨン犬の太郎とロングチワワのレンとの楽しい毎日                                                            パピヨン犬タロウとロンチワ レンの生活         

昨夜のこと 夕飯を終え くつろぎタイム

長女を呼ぼうと「ちょっと きて~」

そうすると 長女よりも 猛スピードでやってきた 白黒の方






IMG_6092.jpg






(;´・∀・)エッ?



「タロウ 呼んどらんし」


側にいた二女が「タロウにもう一度 ちょっと来てと言って見て おもしろいから」と

さっそく 呼んでみたら 再び ダッシュして やってきた





最近の タロウと言えば





DSC06828.jpg





「おいで」と呼ぶと 知らんぷりだったり 来ても 面倒くさそうに

のそり のそりと 遅い

「おいで」よりも 「ちょっと来て」の 機敏な動作 いったいどういうこと?

二女が 教え込んだのかな?

今日も 面白半分に「ちょっと来て」と言ってみたら バタバタとやってきましたよ







柳川134







言葉と言えば 間違って覚え込んでいるようで

「留守番」という言葉を 使うと ジャンプして喜ぶんですよ

外に連れて行ってもらえると 思いこんでいるの

人間の言葉 覚えたのに ちょっと 残念ね







 おばちゃん3人旅 柳川 3



柳川165







立花邸「御花」から続いてむかった先は



柳川DSC00485
建物は復元された






北原白秋生家と北原白秋記念館(柳川市立歴史民俗資料館)です



明治・大正・昭和と生き、日本の近代文学に偉大な足跡を残した詩人北原白秋
は代々柳川藩御用達の海産物問屋を営む旧家に生まれました。
16才の時に家が大火にあい、傷心の白秋は詩歌の創作に熱中したといわれます
大学のときには早くも、詩壇に知られるようになり、「水郷柳川は、我詩歌の母体である」と述べ、
57才で亡くなるまで生涯柳川を愛し、数多くのすぐれた詩を残しました。




北原白秋は おぼちゃまだったのですね

大火になったことから 家が傾きだしたようです



生家の庭の方に



柳川DSC00471




からたちの 大きな トゲが ありました



柳川DSC00473







好奇心の強い A子が トゲをさわり すご~く 痛がっていました(トホホ)




庭先から すぐ 側に 記念館が あります



柳川DSC00461








柳川DSC00457








北原白秋 誰もが知ってます

学校で白秋の 短歌の暗記も しましたね

しかし名前だけ知ってる だけの 知識だった

史料館で北原白秋略年譜(かなり長い)をざ~と見ていくと

結婚・離婚の文字が目に 入る(こういうのは ワイドショー好きもんの証拠)

北原白秋は結婚3回も してるよ~

それも最初の 奥さまわけあり

ドラマになりそうな 白秋の人生


いろんなことありながら すばらしい詩を 作っていったんですね





あめふり







詩や短歌 難しいものはよくわかりません

でも 白秋の 童謡は 好きだな

その中でも あめふり(あめあめふれふれ) 好きです(作曲 中山晋平)

子供たちが赤ちゃんの時歌ってあげていた「ゆりかごの唄」も北原白秋だったんですね

学校の校歌もたくさん作っていて 北原白秋の校歌は実にうらやましいな

A子が高校の時の校歌 覚えているよと 口ずさみました

ちょ~ビックリ \(◎o◎)/!

こっちは まったく 覚えていないし







柳川DSC00478







おばちゃん 3人組み よくトイレ行きます

若い時は こんなチョクチョク 駈けこまなくっても良かったのにね

トイレ 拝借しなければ 見逃す 場所でした







柳川DSC00475






1本は中庭に。2本は生家の裏(トイレの所)。
生家の裏2本は、「島原の子守歌」や「まぼろしの邪馬台国」
(竹中直人、吉永小百合で映画化されました)
の作家『宮崎康平』氏が昭和50年頃に
白秋生家に訪れて寄贈されたものです




宮崎康平から寄贈されたうちの 1本です

映画の「まぼろしの邪馬台国」テレビでやってるの 数ヶ月前見たな







柳川171








柳川の散歩中のワンちゃんに さよならです

このパピヨンちゃん なでなでしましたよ(パピヨンだと声かけたくなります)


帰りは 西鉄柳川から 電車で久留米に移動 

解散前に 和喫茶に



アイスコーヒー飲みたかったけど 値段見たら 

680円 \(◎o◎)/!

そんで






柳川DSC00503








同じ 値段の あずきかき氷

かき氷に ホットのお茶付きで 

お腹の弱い そよかぜ 冷たい物に 温かいものは まずいかもと思ったけど

よせばいいのに やっぱりね そうなのね

家にたどり着いて ピーピーでした (おそまつ)



    ━ 終わり ━